厄女から飛躍女子への道のり

厄女から飛躍女子への道のり

厄年である33歳。女性にとってはかなりナイーブなお年頃ではないでしょうか?
各有私も人生で一番変化のあった時期でした。

こどもの頃に描いていた33歳はとっくに結婚して、子供も2人くらいいると思っていましたが、いつの間にか三十路過ぎ。

うっかりこのまま何も変わらず40歳になってしまいそうで、

漠然とした未来への不安にさらに現実的な不安が襲ってくる・・・。

あっ、これが厄女?

20代の時より揚力も分かってきたし、ちょっと図太くなってきて、人間関係も仕事も臨機応変に対応できて、余裕がでてくる時

と同時に、いろいろ考える時間もあって、改めて自分のやってきたことを振返ってみる。

結婚と出産

仕事とお金

美容と健康

どれも中途半端に思える今の自分の現在地。

あの時、別れず結婚しときゃ良かったかな〜?
あの時、あのまま同じ職場でキャリア積んどきゃ良かったかな〜?

過去の出来事を振返って、もし今と違う選択をしたとしても、
その選択に自信をもてるかというとそうでもない。

そして次に自分を苦しめるのが、

誰かさんとの相対比較。

最後の結婚ブームで周りの友達が地味〜に結婚していく。。。
若い頃の惚れた腫れたの結婚ではないので、

なんか、これがまたいい感じに落着いて見えるんですね〜。
そして仲良かった友達だけに、本気でおめでと〜って思って

結婚は遅くてもできるけど、出産となるとそうも言ってられない。

結婚して 環境が変われば、漠然とした不安なんか感じてる場合じゃないし、自分を必要としてくれる家族の為に、生きることが生きがいになっていくんじゃないかって。

苦楽を共にできるパートナーは欲しいと思うよね〜?

自分の為に頑張ってきた20代から、これからは誰かの為に頑張るのも素敵やん♪

という感じで

どんどん妄想が膨らんで。。。

そんな時に頭の中でささやく声

『それって、ただの現実逃避じゃない?』
『また同じこと繰り返すの?』

そう、

今まで、ずっと自分がやりたい様に、自分で選択してきた人生だったはずなのに、上手くいかなくなると
環境のせいにして、環境を変えることで、その時の限界を超えてきた。

いやいや、超えてきた つもり。だったんですね。

自分の可能性をもっと活かし、ずっと続けていける仕事を探していて、
本当にやりたい事はこれだって、三十路の節目に最後の砦として転職しました。
初めの1年は楽しくて、評価もされて、だからこそ、もっとこうしたら、こうしていきたいって、提案してみたりもしましたが、組織ではなかなか認めてもらえず、私からみれば良い人材がどんどんやめていったり、
逆に我慢して、なんとかやり過ごす人もいたり。

かといって、企業するまでの自信もない。

本気で自分のエネルギーを投入できる 何かと出会いたい。
毎日ワクワクして、信頼できる人の中で、自分の成長と周りへの還元

そんな理想の生き方が出来るために、環境を変えてきましたが、
環境が変わっても、肝心の自分自身が変化できていないことに気づいたのです。

そんな自分が結婚したとして、本当に上手くいくのだろうか?

かといって、自分を変化させるって、どうしたらいいの?

さらに、本質的な課題にぶち当たる。

自分ってそもそも、何なんだろう?

自分で決めてきた今までの人生だったのに、理想の方向に向かっていない現実。

自分が何がしたいのか? 何の為に生まれてきたのか?

自分が思う自分は、自分が願った自分ではないとしたら、今の自分はニセモノ?

ホントの自分とは? 真実の自分とは?

考えても 同じところをぐるぐるして、出口が見えない。

厄払い、お守り、占い 全部気休めにしかならない。

この究極のプレッシャー 不安と焦りと孤独感
そんな考え、感情が自分を襲う。

ここで終わっちゃたら、ただの厄女ですよね。

でもね、実は、どこにも逃げれないその状況になった時に、
次元の違うステージにいくことが出来きるんです。

自分の何が限界だったのか?
本気で変化したいのか?

究極の絶望があって究極の希望へ
厄女から飛躍女子へ 変化するターニングポイントになるのです。

厄女真っただ中で、不安や焦りを感じてる女性へ

私はその究極の限界を経験することで、究極の希望に大反転することができました。

はっきり言いきれるのは、今までの自分のやり方、過去の経験知識では解決出来ないということ。

 

力を入れて頑張る変化ではなく

問題が実は問題ではなかったことを理解する事なのです。

そのヒントがこちらにあるので見てみてください。