これからの時代が求める創造する幸福感

NO IMAGE

前回の満たされない消費する幸福感 では、

消費することによって得られる幸福感の限界についてお話しました。

では、これからの時代が求める幸福感とは何でしょうか?

それはみなんの中にある潜在的な幸福感、人間の尊厳的な欲求とも言える
『創造する幸福感』です。

既存の価値観や誰かがつくった幸せモデルのマネをするのではなく、
ひとりひとりが自らが新しい価値を生み出し、意思決定していくことに
幸福を感じる時代にシフトしていくのです。

さらにAI時代に、人間にしかできないことを問われる時代でもあるので、
人間の可能性が幸福感とともに広がっていくのではないでしょうか?

今までを『消費する幸福』に対して、これからを『創造する幸福』に
時代がシフトしようとする時にさらに課題もスフトしていきます。

今までずっと消費することをしてきたのにいきなり生産側になってといても難しですよね。
ですから、ここで、わたし達が決断しなければならないのです。

このままずっと、誰かがつくった既成の価値観の中でコントロールし続けるか、
そこから自由になって、さらに、自らが価値を生み出す生産者、創造主として生きるか?

その決断をしたとき、創造する幸福への欲求が始まります。

その決断ができたら、次は創造する幸福を得るための道具、テクノロジーが必要になります。

いつの時代も変化する時、テクノロジーの発見がありました。

物質的に進化してきたこれまでの時代は科学技術のお陰です。
人間の尊厳性が問われるこれからに必要な技術とは

人間の中の開発。人間の認識機能をアップデートさせていく認識技術が必要とされています。

認識技術 nTechに興味ある方はコチラをご覧ください。