悟り世代の心の叫び①

悟り世代の心の叫び①

最近の若いものは!!

この台詞、いつの時代も使われているものだと思うのですが、
でも、本当に、最近の若者は、凄いんです!

ある24歳の女性と出会って、彼女の言動をみていると、本当に可能性しかないなと感じます。

わたしにはないぶっ飛んだ発想や行動はちょっと危なっかしいのですが、
無知だからこそ出来ること。

全心で感じて、全心で吸収して、全心で傷づいて
全心で悟っていく。

今までの常識や、価値観では測れない。測ることなんで出来ない。
無限の可能性そのもの。常に変化し続けています。

そんな彼女も以前は会社の中でストレスを抱え、体調不慮で休職していました。

彼女が特別ではなく、本当はみんな可能性しかないんだけど、

何故、今の社会ではその可能性を発揮できないのでしょうか?

周りの人にどう思われるかを気にして、本音が言えない。
そもそも、何が本音かも分らない。
自分のことが分らない。

そんな状態で、どういきていけばいいのか?

実は、今の若者は、今の世の中に対して、違和感や矛盾を純粋に感じ取っているのです。

というと、大人は言いたくなるのです。

だからって、世の中のせいにしてもしょうがない。
誰も助けてくれない。
自分が変わるしかないのだと。

そして若者も思うのです。

そんなこと、百も承知だと。

そう、彼女も以前はそんな状態でした。

そんな自分を自己否定し、マイナスなことをいっちゃダメ、考えちゃダメ。
だから、何を言われても、「はい!」「分りました!」「がんばります!」

しかも条件反射で、Yes!!しか言えなくなってしまい、
蓋を明けてみれば、
「出来ない」「分らない」「言ばれない」
そんな状況を誰にもいえないまま、問題が大きくふくれあがって、
他人に迷惑をかけたと思って
さらに自己否定する。

自分が何の為に存在しているのか?
存在感を感じられずに、環境に流されて
時間に追われ、一日が過ぎる・・・。

それがある一定量を超えると、
外に発散するか、
それが出来ない人は内に向けるので、身体にきたり、鬱になったり、
さらに自殺にまで追い込んでしまします。

じゃ〜どーすればいいの?

それはシンプルに2つ
正確な診断と正確な処方です。

次回はその診断と処方についてお伝えしますね。

次回に悟り世代の叫び②診断つづく