言葉

言葉

言葉にできない言葉を

言葉と言葉のスキマに
つむぎだす。

君と僕の埋まらない
スキマ

埋めようとする そこに
エネルギーが生まれる。

言葉を踊ろう。

ちかづいたり
はなれたり

いじわるだったり
やさしかったり。

この世にある
たくさんの言葉の中から

とっておきの言葉 ひとつえらんで

僕の全てを
つたえよう

口にした
その瞬間

君はいなくなってしまった。

僕は
何を伝えようとしたのか

それすら 分からない。

真実はいつも沈黙

君はそれを守りたかったの?

僕はそれを壊してしまったから?

僕はまたひとり

言葉にできない言葉を

言葉と言葉のスキマに
つむぎだす。

君と僕の埋まらない
スキマ

埋めようとする そこに
エネルギーが生まれる。

言葉にならない
言葉をつむいで

僕は君をつむいでいく。

また消えてしまうかもしれない
儚さに今ここ 君 を

言葉でつむいで
君を迎えにいくよ。

真実が沈黙ならば

僕は真実さえも
敵に回して

君と出会いたい。