未熟の秘密

未熟の秘密

人間は未熟な状態で生まれてきます。

動物は生まれてすぐに歩けるのに、何故でしょう?

そんな短いな状態を補おうとして、
足りないところをみつけては

それを埋めようと、満たそうと
必死て頑張って

理想を求めて

期待して
裏切られ

諦めそうになりながらも

さらに 頑張って、我慢して頑張って・・・。

私もずっとそうでした。

もっといいものを、
クオリティの高いものを
ひとに喜んでもらうために。
というのは表の心で

その裏の無意識の感情は
自分の存在価値を証明するために
存在感を感じる為でした。

時間をかけて、じっくり準備して、
出来上がったものにたいしてこんどは
さらに、未熟なところを探しては
反省会・・・。

そんなこと繰り返してるうちに

やりたいけど・・・・。
なかなかアクションに移れない。

イメージした瞬間に重さを感じて、
モチベーションが上がらない。

そんな状態が、続くと不安と焦りで空回りりしながら、
無理矢理行動してみる。

動かない時よりは、
なにか変化したように感じて
少し落着く。

でもそれは一過性のもので、
また不安と焦りが襲ってくる。

そのうち感情すら麻痺させて、
マイナス感情は出なくていいけど
プラスの感情も出なくなっていく。

その行動パターンをくりかえし
グルグルと迷走状態。

さ〜。この迷路からどう脱出するか?

私が、この迷路から抜け出すことができたのが、やり方や、思い方ではなく、

あるイメージが変わっただけなんです。

この続きは次回 未熟の機能 でお伝えします!