my story

1/2ページ

歳を取らない方法 その2

前回の歳を取らない方法その1のつづき 前回、時間は存在するのではなく、 人間の脳の機能が生み出してるものだとお伝えしました。 逆に時間が絶対的に存在するならば、わざわざ、時計という道具を創って、共通認識をはかる必要もないわけです。 では時間は いつ、どこで、どのように、生まれたのでしょうか? 時間もそううですが、全ての存在には共通の仕組みがあって、 無いところから 有るようになっています。 わたし […]

歳を取らない方法 その1

今日はわたしの45歳の誕生日。 こうして、数字に出してみると、なんだか質量を感じますが・・・。 本人としては人ごとのようで、実感がありません。 多分、50歳になっても、60歳になっても。100歳になっても。 変わらないと思います。 みなさんからは若く見える、年齢不詳とよく言われますが、 その秘訣とは? ズバリ!! 時間を悟ることです! 時間が無い感覚、今ここを生きる生き方。 でもこれって、なかなか […]

女心と秋の空♬つづき

女心と秋の空♬のつづき。 改めて感情って凄いパワーだなっておもいます。 頭でわかっていても、止められない。または、進められない。 アクションにダイレクトに働きかけるのが感情だと思います。 前回お話しましたが、ずっと繰り返してきた感覚、 過去の記憶によって出来たエネルギーの通り道がよ〜く観えた時に それを創ってきたのは自分であるのだから、 創り方が分かれば、自由に創ることができるというわけです。 家 […]

女心と秋の空♬

みなさんは自分のどんな感情に反応しやすいと思いますか? とくに女性は感情に影響されやすく、コントロールするのが難しいと思います。 女心と秋の空〜♬ というように、秋空のように不安定で ころころ変わるのが感情です。 だからこそ、感情の取扱いがわからず、感情を出さない様にしてる人も多いのではないでしょうか? とくに 怒りや、悲しみ、淋しいという感情はデリケートで 自分も他人も傷つけやすく 意識的にも無 […]

マイ・ストーリー_8 Japan MissionからWorld Missionへ

マイ・ストーリー_7 個の生き方から和の生き方へ の つづき 私たち個人個人の課題でもあり、人間共通の限界 観点の問題をどのようにクリアし、全ての人が共通で願う理想の未来を創っていけるのでしょうか? ユニバーサル・リーダーシップ・プログラムに参加した人達も みんなバラバラの観点を持っていました。 初めは課題もみんなバラバラでした。 人間の5感覚の脳は違いをとって、分離を創るように初期設定されている […]

マイ・ストーリー_7 個の生き方から和の生き方へ

前回のマイ・ストーリー_6 自分と自分の宇宙が消えた おもてなしの心 のつづき 無を認識できることで、さらにどんな変化と、そのことがこれからの人生、日本、世界、人類の未来に どんな意味、価値があるのか? 私個人の課題の一つに、あの 『この世から不幸はなくならない 〜愛する人を救うことができない無力なわたし〜』 この大前提も 自分が創った思い込みであったことが仕組みで理解できた ため 手放すことが出 […]

マイ・ストーリー_6 自分と自分の宇宙が消えた おもてなしの心

前回のマイ・ストーリー_5 自分のルーツに戻る宇宙旅行 のつづき プログラムの3分の1が終わるころに、人生最大の事件が起こったのです。 宇宙自然を学ぶパートの最終日のことです。 実は、 ずっと当たり前だと思っていた、大前提が無くなる んです。 みなさんもちょっと、想像してみて欲しいんです。 自分の大前提が消える瞬間を。。 それは、 いままでずーっと、探していたものが なぜ見つからなかったのかが分か […]

マイ・ストーリー_5 自分のルーツに戻る宇宙旅行

前回のマイ・ストーリー_4 無我の愛 のつづき 韓国でのユニバーサル・リーダーシップ・プログラムには全国から70名ほど参加していました。 私がこのプログラムを定義するなら 自分のルーツに戻る宇宙旅行 です。 自分が何なのか?自分を知る為には、その土台である、人間を知る必要があるし、人間が生まれる前の土台である、宇宙自然を知る必要がある。 さらに、その宇宙自然を知るには、宇宙がなかったところから、 […]

マイ・ストーリー_4 無我の愛

前回のマイ・ストーリー_3 存在目的のラットレースのつづき 存在目的のラットレースを走り続けるか? どうなるか分からないけど、走るのをストップするか? 二者選択のうち、わたしはストップすることを決断しました。 今までの変化は自分の外である環境を変化してきました。 ですが、肝心の自分の中は何も変わっていなかった。 あの時につけた、 愛する人を救うことができない無力なわたしのままでした。 そんな時、気 […]

マイ・ストーリー_3 存在目的のラットレース

前回のマイ・ストーリー_2 わたしとわたしの宇宙に名前を付けた日 のつづき 『この世から不幸はなくならない 〜愛する人を救うことができない無力なわたし〜』 人生のシナリオがこのタイトルを大前提につくられるということです。 もちろん、そのタイトルは主人公の私の無意識深いところにあるので認識できません。 意識的には幸せな理想の人生を求め 夢、仕事、人を含めた自分探しの旅に出かけるのです。 が、しかし、 […]