感情

怒りという感情。

皆さんは感情にどんなイメージがありますか? 私にとってはほんとに厄介なものでした。 以前は。。。 小学校4年生の担任が、おじいちゃん先生で、男子に依怙贔屓して、いわゆる優等生や元気で明るい子供が好きな先生でした。 私といったら、授業中、自分の妄想ばかりしていたので、内容をさっぱり聞いていませんでした。家で勉強することもしらなかったし、暗記がとにかく苦手でした。 ある時、先生に当てられて、チンプンカ […]

戸惑い

とまどい。 こんな感覚は子供のころ以来かも。 凄く、柔らかいところに侵入しくる感情。 無防備な子供のような感情が さみしい〜さみしい〜さみしい〜よ〜 わんわん。 ゆ〜とる。 ええ〜歳こいて、って 照れ隠しに突っ込んでみる。 北海道って寒いと想ってたけど、 めっちゃ温かかったんやね。 人が。ほんとに。やさしいね。 そして、今までそれを、感じれてなかったんやね。 ってことに、今気付いた。 こちょばい。 […]

歳をとったなぁと感じる理由

皆さんはどんな時に歳をとったなぁ〜と感じますか? 歳をとることにマイナスのイメージがある人は多いのではないでしょうか? 『昔はもっと〇〇できたのに今は〇〇できない。』 と、この言葉、が後に続くと思うのです。 過去と今と比較した時に出来ることと出来ないことを予測して、 アクションにブレーキをかけたり、逆にアクセルをかけたり。 そもそも歳をとるとはどういうことなのでしょうか? 年をとったと認識するまで […]

ジェラシーのうまれる仕組みとは?

前回のジェラシーがなぜ生まれるのか?のつづき そもそもジェラシーとは何なんでしょうか? 個人的な性格や環境によってうまれる感情だと思いやすいのですが、 実はその前に脳の機能が大きく影響をうけています。 ジェラシーは相対比較によってうまれるもの。 自分と他人を分けて、比較対象する部分的差異にフォーカスし 出来てる出来ていない 良い悪い 幸せ不幸せ 勝ち負けというように 上下や優劣をオートで判断してい […]

ジェラシーがなぜ生まれるのか?

ジェラシー。日本語でいうと嫉妬になりますが この言葉にマイナスイメージをいだく人は多いとおもいますが、みなさんはいかがでしょうか? 私もその一人でした。今おもえば、自分自身の中にその感情が根深くあったのです。 だからこそ、女性としてジェラシーの対象にならないように、中性的なキャラとして振る舞ったり、 敢えて、人と距離をとって執着しないように、依存しないようにしていました。 そういう行動をしている意 […]

感情の正体とは?

感情の海に溺れる自分がいた。 その感情を取り出して 悔しいという箱に入れてみた。 悔しいという箱の中には もう1つ箱がはいっていた。 その箱の蓋を明けてみたら 諦めという箱が出てきた。 諦めという箱をあけてみると 悲しみという箱が出てきた。 悲しみという箱をあけてみたら 不安という箱がでてきた。 不安という箱をあけてみたら 恐怖という箱が出てきた。 恐怖という箱をあけてみたら 分離という箱が出てき […]

幸せになるのが怖いあなたへ

幸せになるのが怖い え?そんな人いるの? って 思うかもしれませんが、実はすごく多いんです。 もちろん、意識では 幸せになりたい。成功したい。 って前向きに頑張って生きているのですが、 そのモチベーション、やる気を生み出す構造に、実は問題があるんです。 幸せになりたい イコール 幸せは未来にあるもの。 イコール 今は幸せじゃない イコール 幸せじゃない自分から出発して 幸せになる為に頑張ろうとする […]

寂しいのに寂しいって言えない訳

『寂しい』 その一言が言えない。 その一言の裏には 一緒にいて欲しいという気持ちをつたえたいのに。 なんで、分かってくれないの? なんでいつもそーなの? 本当に伝えたい事と 言葉で伝えてることがちがう。 そんな事ありませんか? その逆もしかり。 相手が自分のことを褒めてくれるのに。 その言葉をそのまま受け取らず 本当に思ってるのか? 何か裏があるんじゃなかろうか? など、 伝えられた言葉と 受け取 […]